『ドリカム』Andyの気ままな日記



その11 フィレンツェ 地獄と天国編

母をドゥオモに1人残し、私、AndyとパンダのLunaは、ドゥオモの横へ回り込みました。
f0033598_22202737.jpg

入り口は、裏側なのです。

舞台は、ここ、ジョットの鐘楼に移ります。
f0033598_2221295.jpg

1359年完成の85mの鐘楼です。

入場料は
6ユーロ。
このときは1ユーロ170円以上してました(^^;


私は何をしに行ったのかと言うと・・・



『鐘楼の上まで登り、ドゥオモを見下ろしに行った』のです!!!この鐘楼が唯一ドゥオモを見下ろして見ることが出来る建物なのです。
勿論、ヴェネツィアのサン・マルコ広場の鐘楼のようにエレベーターは・・・ありません!(^^;
あるのは414段の階段のみ!なのです。今思うと・・・1000円以上も払って、苦しい思いをしに行ったのは、私としては魔が差したのかも?

f0033598_22352144.jpg
チケット売り場と、ブックストア兼お土産屋さんのある1階脇の階段を登ります。

f0033598_22354231.jpg

所々、このような窓があります。まるで牢獄か要塞みたい・・・

階段は30段近くを一気に上がるかと思うと、くるくると螺旋状に廻りながら登ったり・・・


普段、運動不足の私としては・・・
途中3箇所ほど、階段の位置が変わり、そのための(?)窓というか、物見というか・・・塔からの眺めを楽しめます。
f0033598_22355585.jpg

結構、頑張ったのに、まだまだドゥオモの方が高い・・・

f0033598_2236128.jpg
牢獄ではありません。床の一部が鉄格子になっていて、下が覗けるのです。万が一にも鉄格子が抜けたら困るので、Lunaを犠牲に・・・
(そしたら口元がヒゲ生えたようにうっすらと黒くなってしまった・・・汚れた原因その1)

降りてくる人はまばらでした。同じときに登っているアメリカ人ぽい兄妹は、さすが若いだけあってヒョイヒョイ登ったり、ウロチョロしていましたが・・・
それでも、さすがにきつかったらしく、妹ちゃんは途中でヒーヒー言ってました。「Are you tired?(疲れた?)」と聞いたら「ye~~~」って答えが。。

私も・・・それ以上は喋る気力もなし。「なんで登ろうと思ったんだろ?」と何度思ったことか。。でも、ここで引き下がったら「女が廃る!(?)」と思い、思い切り腕を動かして、頑張って登り続けました。

この時の私の荷物は、貴重品の入ったポシェット、クビから下げたカメラ、パンダのLunaだけでした。これ以上は持ってなくて良かったです。しかし・・・パンダは剥きだしで持っていたので、腕を振ったときに、階段の壁を自然と擦っていたのかもしれませんねぇ(汚れた原因その2)


あまりの苦しさに途中のレポート略。


やっと最後が見えてきました。あと数段登れば、外が見られると思ったので、ややムキになって一気に登り詰めました。


すると・・・目の前にバ~~ン!!と拡がる景色とともに・・・心臓バクバク、呼吸困難でハァハァ状態。あまりの呼吸の荒さに、知らない外国人のオバチャマが「ゆっくり呼吸するのよ、ゆっくり」と声をかけてくださいました(ありがたや~)。その声に顔を上げると・・・なんと杖をついていたのです。ビックリ!!一体どのくらいかかって登ったんだろ?

間もなく、呼吸も収まり、景色を堪能し始めました。
f0033598_22363474.jpg
ドゥオモを見下ろしています。

←大きな鉄枠から手を出して写してみました。
落とさないかと手に汗握りながら・・・


って言うか・・・パンダが鐘楼から降ってきたとなったら凄いだろうな。

f0033598_22365283.jpg
鉄枠の中です。

頑張って登ったよ~!
ドゥオモのクーポラの上にも人が居ます。

f0033598_22371251.jpg

ちょっと覗いてみると・・・

f0033598_22394542.jpg

鐘楼からの眺めはこんな感じです。

ヴェッキオ宮殿方面

f0033598_22395673.jpg

教会は、サンタ・クローチェ教会です。
登りきったという証拠の写真を何枚か撮り、急いで下へ降りていきました。母が心配になったからです。一体、何分待たせたんだろ?

ドゥオモの中で母は座って休んでいました。所要時間は45分だったそうです。もっとかかるだろうと思っていたようでしたが、予想外に早かったようで・・・(^^;持ち歩いていた水を一口。ホッとしました。


辛かったけど、登ってよかったかなぁって思いました。登っている間は、まるで地獄。なんでこんな大変な目に会ってるんだろ?私・・・それもお金払ってまで大変な思いして・・・って思ったのですが、上に上がってドゥオモを見下ろし、フィレンツェの街を眼下に眺めたとき、その気持ちは一気に吹き飛びましたね。あれは、登りきった人しか味わえない感動でした。

この後は、鐘楼の前にある八角堂のサン・ジョバンニ洗礼堂の中へ。
f0033598_22404058.jpg
大分、陽が傾いてきたよ~

f0033598_22433979.jpg
サン・ジョバンニ洗礼堂全体。(2004年撮影分より)


中に入ると・・・
f0033598_22441848.jpg
天井には黄金のモザイクが!

f0033598_22444011.jpg

天使が沢山!

f0033598_22445545.jpg
ここにも地獄が・・・

でも悪魔もなんとなくユーモラス。

f0033598_22453256.jpg
キリストの生涯を有名な場面ごとに・・・

「受胎告知」

f0033598_22454664.jpg
旧約聖書より
「イヴの創造」
ここのモザイクはホントに素晴しかったですねぇ。外にある「天国の扉」が有名なんですが、中はもっと素晴しい!ここを見ずして帰ってしまうツアーは勿体ないと思います。
あまりの神々しさに、パンダの撮影を忘れたほどでした。。

この感動を胸に、買い物をしながらホテルへ戻りました。
その夜の私は・・・いつもに増して、爆睡!一応念のために、足の裏にトクホン張って、ふくらはぎにはバンテリン。お陰で?それともまだ若かった?のか筋肉痛も出ず(翌日もその翌々日もね)


フィレンツェ2日目は、「母の憧れのウフィツィ美術館&Andy憧れのビステッカ編」へと突入の予定です。迫力のビステッカの写真、お楽しみに~~!(^^)/
by mydreams_andy | 2007-12-04 23:34 | パンダイタリアへ行く2007 | Comments(4)
Commented by とも at 2007-12-07 14:19 x
私は昨年、初イタリアだったので、登れるものは全て登りました。
でも、フィレンチェでは、ドォウモのクーポラしか登ってません。
ジオットの鐘楼にも登りたかったです・・・
Commented by mydreams_andy at 2007-12-07 22:34
>ともさん
偉い!!登れるものは全て登ったなんて。私は根性無しなので、今回が初めてでした(^^;この鐘楼はオススメですよ。
Commented by とも at 2007-12-09 19:28 x
ピサの斜塔にも行きました(^^;)
バチカンのクーポラも・・・これが一番辛かったように思います。
Commented by mydreams_andy at 2007-12-09 21:08
>ともさん
随分登ったんですねぇ。私は根性なしなので、これが最後かな?(^^;
<< 銀座の画廊へ・・・ その10 花の都フィレンツェ ... >>


本家HP『Dreams Come True~私の旅行記~』の管理人Andyの近況をパンダのパペット達がレポします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
>tomoイタろじちゃん..
by mydreams_andy at 14:54
>micioちゃん 貴..
by mydreams_andy at 14:52
>micioちゃん お..
by mydreams_andy at 14:52
毎度載せてくれてありがと..
by tomo@イタろじ at 16:01
刀に続いて貴重なもの見た..
by micio at 16:26
叔父さんスゴイ物保管して..
by micio at 16:22
>うしぃさん 毎日、とー..
by mydreams_andy at 12:45
あわわわわ。 そのよう..
by うしぃ。 at 14:52
>micioちゃん 良い..
by mydreams_andy at 20:03
このお洋服はボーイッシュ..
by micio at 22:56
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 20:48
今年は桜の開花が早くてG..
by tomo@イタろじ at 20:24
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 21:32
>オレンジさん ホント..
by mydreams_andy at 21:29
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:28
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング