『ドリカム』Andyの気ままな日記



<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


初冬の朝 紅葉と女神の帯と凍れる葉

ここ1週間ほどで、季節が一気に進んだような感じです。通勤時のコートも、薄手のダスターコートから、ハーフ丈ですが、厚手のものに変えましたし、手袋も使い始めました。

日の出も、蘭との散歩に出てから日が昇るようになりました。起き出す頃はまだ空は濃い群青色で、東の空が帯のように朱色に染まっています。(もう少ししたら、日の出時間が遅くなるので、その写真も写せるかなぁ?)

今日は日本列島はあちこちで一気に冷え込んで、この冬一番の冷え込みとなったようです。
朝も歩いていて手や耳が冷たくなりました。

地元の公園などの木々もかなり色づいてきていて、キレイです。それも間もなく散ってしまうから、楽しめるのは今月いっぱいかなぁ?
昨日の朝、曇り空でしたが、紅葉がかなりキレイだなぁと思いつつ歩いてきたので、今朝はカメラを持って出かけました。
川向こうの桜の樹です。葉が紅葉してキレイです。桜は花の季節だけではなく、秋も楽しめるんですね。
f0033598_1812880.jpg


ちなみに、花の時期の写真は、コチラ。
f0033598_18123249.jpg



今朝は、ビーナスの帯と呼ばれている、日の出と日の入りの際に見られる地球の影がキレイに見えました。
青い部分が地球の影です。
f0033598_18124218.jpg


道端の草には霜が・・・一部では霜柱も見えました。
f0033598_18125363.jpg



この冬は、当初の暖冬予報から、寒い冬になるとのことですね。そして今年もあと1ヶ月とちょっとです。
by mydreams_andy | 2012-11-25 18:24 | 季節・草花(the 4 seasons) | Comments(0)

英語版とイタリア語版 読み比べ

3連休真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?
東京は昨日の勤労感謝の日は雨模様で寒い1日でした。今日は午前中雨が降ったりとイマイチな天気でしたが、お昼ごろから日射しが出てきて、そこそこの天気になりました。明日の日曜日は晴れの予報ですので、いい天気になると良いのですが・・・

今週始めから連休前日にかけて2冊の本がロンドンから届きました。以前から欲しいなぁと思っていた本がアマゾンで見つかったので注文しておいたのです。
買ったのはどちらもイタリア語の本(古本)です。それなのにロンドンから?って思いますよね~。私も何故?と思いましたけどね。

こちらが、その本です。
左の英語版は数年前に買ったのですが、その当時は英語版と日本語版しかなくて・・・イタリア語版の存在は知っていたのですが、見つからなかったのです。

SASEKの「This is」シリーズです。世界中の町を色々と紹介してる絵本で、大人でもかなり楽しめます。
f0033598_1624725.jpg

中の挿絵とかは、まるっきり同じで、違うのは最後のページに「今のヴェネツィア」と言う注釈があって、そこがイタリア語版のほうが詳しく書いてありました。


こちらは、ヴェネツィアのガイドブックで子供向けです。
f0033598_163539.jpg

子供向けだからって馬鹿にしてはいけません。成り立ちから歴史や美術、建築などかなりキチンとした内容を載せています。日本では考えられない内容です。
英語版は2005年の夏にイタリアに行った際に買って来たのですが、その後イタリア語を習うようになって、英語版だけじゃなくイタリア語版も買ってくれば良かったと後悔していたのです。
表紙の絵が違っていますが、パラパラと見た限りでは同じようです。
(イタリア語版は、アックア・アルタに襲われたサンマルコ広場ですね。イラストの子供は笑っていますが、今年のアックア・アルタは凄いことになって、ホントに今後のヴェネツィアが心配でなりません)

どちらもこれから楽しみながら読んでいこうと思っています。
by mydreams_andy | 2012-11-24 16:23 | 読書・本 | Comments(0)

種が出来ました。

我が家の鉢植えで、とある花の種が出来ています。縦に細長いですね・・・
f0033598_180029.jpg


もう熟して、爆(は)ぜたのもあります。
f0033598_1801886.jpg


上から見てみましょう!
f0033598_1802759.jpg


根元には、Andy母が取ったのが、さやごと散らばっています。ペッタンコの沢山の種がありますね~
f0033598_1803631.jpg




いったい、なんの種なんでしょうね~

答えはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-11-18 18:15 | 季節・草花(the 4 seasons) | Comments(0)

三文の徳?

今朝は雲が沢山出ていたので、昇ってくる朝日は見れなかったのですが、代わりに朝焼けを見ることが出来ました。
f0033598_177235.jpg


川面にも空の色が写り込んでいます。朝6時ちょっと過ぎの頃です。
雨の降り出す前の、静かな朝の光景でした。
by mydreams_andy | 2012-11-17 17:09 | 季節・草花(the 4 seasons) | Comments(0)

朝の散歩で・・・

今朝は蘭の散歩中にワン友のボルゾイのパルちゃん(ワン友1で以前紹介)に会いました。川の向こう岸を歩いていたのに、すぐに気がついて、チラチラ見ながら歩いていたので合流して暫く一緒に歩いてきました。

相変わらず優雅なワンコです。とてもハッキリしている性格のコで、相性がイマイチなワンコには吠えるそうなんですが、蘭には平気なんですよね~。パルちゃん好きな私としても嬉しい限りです。クリーニング店の看板娘なのですが、真っ白なのでぴったりですね!
f0033598_16572571.jpg



暫く歩いて、途中で別れて自宅方面へ歩いていったら、今度はシュナウザーのバビル君に。
f0033598_171494.jpg


バビル君は、お菓子を空中でキャッチできるのが上手なんですよね~。蘭にも見習わせたいけど、どうもダメなので諦めていますが、ポン!と投げてあげるのが楽しみなワンコです。

ドッグ・ラン状態に出来る公園は、今はまだ落ち葉が沢山なので(離したら落ち葉をみんな身体にくっつけて帰って来るので、後が大変なんです)、もう少ししたら一緒に遊べるかなぁ?
それまでもう少し、おとなしく散歩しようね、蘭。
by mydreams_andy | 2012-11-17 17:05 | スタンプーの蘭 | Comments(0)

至高の輝きにため息

銀座のブルガリタワーで開催中の「イタリア至高の輝き展」を見に行ってきました。
f0033598_21345067.jpg


他ブランドのビルは、クリスマスって感じだったけど、ブルガリは最新のモデルのヘビをビルにあしらったイルミネーション。世の中クリスマス一緒に染まりつつあるのに、我が道を行くかのようで私は好き(←みんなと一緒~♪がイマイチ好きでない)

ドアを開けて貰って、店内を突き抜けて奥のエレベーターで4階へ。これがそのパンフレット。
f0033598_21414853.jpg


4階には故エリザベス・テーラーの愛用したブルガリの宝石が沢山!!
f0033598_21432612.jpg


故エリザベス・テーラーは、プライベートの時だけではなく、映画でも私物のアクセサリーを見に着けて出演していたのです。まぁ、彼女の私物を上回る小道具なんてないですからねぇ。いくら良く出来ていても本物には敵わないですからね。そして、若くて美しかった頃の写真も・・・
そして、私が見たかったこのネックレスとペンダントヘッドにもなるブローチは、ホントにゴージャスでした。
f0033598_2147843.jpg


エメラルドは、宝石の中では、カラットが大きければ大きいほどどうしても不純物が含まれてしまう宝石だそうで、私は最高級のものがどのくらいのものか見てみるのも楽しみのひとつでした。

最初に見たときは、まずそのボリュームに圧倒されましたが、目を凝らして見つめるとなるほど~って感じでしたね。

この両方のアクセサリーの贈り主、5番目の夫のリチャード・バートンはこう言ったそうです。「私はリズにビールを教え、彼女は私にブルガリを教えてくれた」う~ん・・・なんとも言えません。さすがですね~。ポン!とプレゼント出来るんですからねぇ。羨ましい。

これ以外にもサファイヤ、ルビーなど、ホントに素晴らしいものばかりで、こんなにあったらどれにしようと迷わなかったかしら?と思えたくらいです(笑)

エリザベス・テーラーのコレクションの後は各時代の代表作の展示がある8階へ向かいました。
1890年代の初代の頃から、1930年代までは今ほどカラフルな色使いではなかったですが、デザインが幾何学的で個性的でした。

昔のアクセサリーのダイヤモンドは、確かにモノはいいかもしれませんが、今ほど研磨の技術が進んでいなかったようで今ほどの輝きは出ないような感じですが、それでも豊富に使われているデザインは豪華そのものでした。

会場にはタッチパネルが置いてあって、画面でネックレスなどを拡大表示して、鏡に映った自分の姿に重ね合わせて、いかにも自分が身に着けているかのような体験コーナーもありました。バーチャルな世界だけど、ちょっぴりセレブ気分を味わえました(笑)

見終わって1階へ降りるとイヤでも店内を通り抜けるので、色々と目に付いて欲しくなるくらいでした(笑)
ひとときですが、ゴージャスな気分に浸ってきました。
by mydreams_andy | 2012-11-16 22:15 | お出かけ | Comments(0)

蘭の常備薬

11月11日は、1が続く日なので、「ワンワンワンワン」と言うことで、犬の日だそうですが・・・ホントでしょうかね?
まぁ、それならば、蘭の写真でもアップしようかと思ったのですが、今日は午後から蘭はお腹がキュルキュルと鳴って、じっとうずくまったままで体調がイマイチっぽい感じ。2~3時間で収まるかなぁ?と思って様子見していたけど、収まる気配も無し。ご飯も見向きもしないので、こりゃ~ムカムカしているのかも?ってことで薬を飲ませました。

といっても、犬用のではなく、人間用のです。
f0033598_2353734.jpg


大人の量の3分の1くらいを目安にしています。
蘭は薬を飲む際に演技をするので錠剤は不向きで、顆粒であるこの薬はちょうどいいのです。顆粒だと、舌にはり付いて、出すことが出来ないんですよね(笑)
更に、蘭には相性のいい薬らしく、割とすぐに効き目が現れるのです。飲ませて30分ほど経つと元気に動き始めたので、まずは一安心です。具合が悪くても喋れないから、その辺は飼い主が気をつけてあげないと・・・。

富山の薬屋さんが置いていく薬なので、常備薬ですが、これは我が家ではあまり人間のほうが必要としないので、蘭専用って感じですね。副作用も出なく、効き目もすぐに現れるので、今のところ重宝しています。
by mydreams_andy | 2012-11-12 00:03 | スタンプーの蘭 | Comments(2)

天然の色

これ、なんだと思います?
f0033598_23433279.jpg

お赤飯のお粥?リゾット?スープ?



いえいえ、どれも違うのです。

これはね~

続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-11-08 23:52 | Food & Drink | Comments(2)

Winter has come.

今日は立冬です。暦の上ではすっかり冬です。今朝は朝起きたらモノトーンの世界でした。そう、濃霧で全ての色が飲み込まれていたのです。日が昇ると共に、色のある世界が戻ってきましたが・・・20度以上にもなって、まだまだ冬らしくない一日でした。ただし・・・今夜から急に冷えるそうです。風邪を引かないようにしないと・・・。

温度の変化が激しいので、寝込むまでではないけど、頭や喉が痛かったりと、季節の変わり目はイマイチな年頃?になってしまいました。残業はしてないけど、根を詰める仕事が多くて。。。

I have more to do.(オバマ大統領は演説で「We have more to do」って言っていました。後で再確認したらWe 've got more work to do. でした。汗。いい加減な耳だ。苦笑)

So,I go to the bed tonight...
f0033598_21194168.jpg


ま・・・お肌のためにも沢山寝るのはいいかぁ~
by mydreams_andy | 2012-11-07 21:25 | 近況 | Comments(0)

世代を超えて受け継がれた翻訳力

読書が大好きな私。通勤中は混雑の中、やや空いているときは大体、本を読んで過ごしています。そして嬉しいことに、会社の最寄駅には、改札を出るとビルの地下に本屋さんがあり・・・平均すると1週間のうち2~3日はそこに寄っているんじゃぁないかと・・・色々と立ち読みしたり、探し物したり、買う本を選ぶために走り読みしたりして、朝の約10分ほどを費やしています。

今週になって、いつものように新刊文庫本のコーナーを見ていたら、パッと目に飛び込んできた本がありました。
それがこの2冊です。
f0033598_193732.jpg


赤毛のアンのシリーズですって?それも11番目の?
アンのシリーズは新潮文庫の10冊で終わりじゃぁなかったの?って思いつつ、すぐに手にとってみました。
後ろの解説の部分を見ると、間違いなくルーシー・モンゴメリの作で、パラパラと走り読みをした後、即購入。

そして、今、ワクワクしながら読み始めています。
久しぶりに本棚からアンのシリーズを出してみました。
f0033598_110513.jpg


私の持っている「赤毛のアン」のシリーズは全部翻訳者が村岡花子さんです。今は色んな人が「赤毛のアン」を翻訳していますが、私にとっては、一番最初に馴染んで読みこなした翻訳です。

今回のこの2冊の翻訳者の村岡美枝さんは、アンのシリーズを最初に訳した村岡花子さんのお孫さんだと走り読みをしたときに判ったのですが、果たしてお祖母さんの翻訳とどう違っちゃうのかしら?と思いつつ読み始めました。

まだ上巻の半分くらいまでしか読んでいませんが、日本語に翻訳された文章の雰囲気は、お祖母さんの村岡花子さんの世界をそのまま踏襲されたものであって、長年のファンとしては、馴染みやすく前のままのイメージを(いい意味で)持ったまま読むことが出来ました。
もし、雰囲気が違ったら、訳す人が違うのだから違っても当然なのですが、一抹のがっかり感を持ってしまったかもしれません。

でも、私には同じように感じ取れました(少なくとも今の時点では。後日何度も読み直したら印象が変わるかもしれませんが・・・)



私は日本人ですから、普段読むものは当然日本語の本です。そして外国文学も日本語に翻訳されたものばかりです。だから、翻訳者の日本語力(翻訳力とでも言うべきかな?)で、その本の面白さと深みを味わいはかなり左右されると思います。

mammyと言う単語一つにしても、意味は一つですが、日本語の表現としては「お母さん」「おかあさん」(同じ読みでもニュアンスが微妙に違うと私は思っています、それと話し手の年齢とか精神状態とかでも異なるかと・・・)、「かあさん」、「かあちゃん」、「ママ」と、様々な言い回しがあります。その言い回しによって、話がまるっきり違う印象を与えると思うのです。

例えば・・・ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の小さな家」シリーズでは、ローラ達は両親のことを「父さん」「母さん」と訳されることが多い(現にTVドラマでもそうだった)のですが、訳者によっては「父ちゃん」「母ちゃん」ってなっていて、それはそれは自分の中で勝手に作り上げたイメージとは言え、ガラガラと崩されてしまうのはとても哀しいことでもありました。

翻訳された物語と言うものは、訳す人の「翻訳力」、つまり正しい意味を、不自然さを感じさせなく、会話ならば登場人物の生い立ちや性別、年齢までを鑑みて如何に自然な日本語の文章にするかによって左右されると思います。単に、外国語の知識だけではなく、日本語の文章力も必要なものだと思います。


アンが引き取られた家のマシュウ(マシューではない)の口癖の「そうさな・・・」は素朴で口下手なマシュウの特徴をよく表していて、「そうだね」や「そうだな」では、マシュウではないように私は感じます。

だから、優れた日本語の文章力を持つ訳者さんの本は、読み手には強烈な印象を植え付けるものだと思います。
そのいい例が、井上一馬さん訳のアンジェリクのシリーズ。恐ろしいほどの文章力で、歴史恋愛モノのアンジェリクとハードボイルド系の87分署シリーズとは、内容が違うから当たり前ですが、分野が正反対のものでも訳されていました。だから、アンジェリクの英語版を読んでいても、私の頭の中には井上訳の文章が頭の中に浮かんでくるほどの影響があるのでした。


世代を超えて受け継がれた今回の「翻訳力」、おそらくお祖母さんの村岡花子さんの訳したアンの世界に近づけようとの過大な努力があったかもしれませんが、読者ファンにとっては大変嬉しい限りのものでした。
by mydreams_andy | 2012-11-03 09:00 | 読書・本 | Comments(0)


本家HP『Dreams Come True~私の旅行記~』の管理人Andyの近況をパンダのパペット達がレポします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 19:37
うわー!詳しいレポありが..
by Slackey at 19:28
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 20:32
お花見弁当作ったのは良い..
by tomo@イタろじ at 18:47
>Slackeyさん ホ..
by mydreams_andy at 17:51
すご~い!キレイ!! ..
by Slackey at 00:05
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 17:24
一足先にオレンジピールを..
by tomo@イタろじ at 18:43
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 22:55
うわ~☆おいしそう。オレ..
by Slackey at 21:45
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 22:49
親切な人、中にはぶっきら..
by tomo@イタろじ at 22:45
>Slackeyさん ね..
by mydreams_andy at 21:27
雪まつりレポありがとう☆..
by Slackey at 15:55
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:44
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング