『ドリカム』Andyの気ままな日記



カテゴリ:2016.07ミャンマー( 33 )


バガン その1

バガンへ移動の日は、朝4時のモーニングコール。まぁ、日本時間で言えば6時半ですから、大したことないと言えば大したことないですが。。。パッキングも完璧で寝ましたが、精神的に落ち着かない感じでした。

ホテル5時10分発。こういう細かな時間設定は日本人ならではのこと(笑)早朝なので、渋滞には巻き込まれず空港着。待ってる間に、お弁当の朝食。昨日のとは、また違ったサンドウィッチだったけど、あまりにも普通過ぎたので写真は無し。ヤンゴンの国内線は沢山の航空会社が運航しているので、会社ごとにそれぞれシールを渡されて、それを目立つところに貼っておく。

チケットを渡されて、久しぶりの余りのアナログさにびっくり。噂には聞いていたけどねぇ。。
手書きじゃ!便名はハンコ。
f0033598_14555429.jpg

一応、建物から飛行機まではバスだけど、これがまた日本のローカルな路線バスの中古車。ドア無いけど、「つぎとまります」のボタンは残ってるし・・・機内預けの荷物は、リヤカーに毛が生えたようなものを人力で引いたり押したりして運んでるし・・・。乗り込む前に自分の荷物発見。ここまで運んできたならば、積み残せば一目で判るから安心かな?

1列2シート、2シートのプロペラ機。久々だなぁ~。フライト時間は1時間20分。なのに、機内食が出るんだって~!ということで、記念に1枚。またもや、スイカ。パンの味は普通でした。
f0033598_1525272.jpg


朝早かったのと、飛行機に乗り込むとパブロフの犬状態で?眠くなる私は、ウトウト。。。
あっと言う間にバガンに到着。

降りた途端に「暑い~!」って思いましたねぇ。でも、湿度はヤンゴンほどではない感じ。天気は薄曇り。一応日焼け止めはバスの中で塗ったけど、汗で流れ落ちるほうが多いので、あんまり意味なかったかも?

8時過ぎにバガン到着。荷物が揃ったりするまでなんだかんだと・・・でも、少ない人数なので8時半過ぎには観光に出発。

続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-31 15:58 | 2016.07ミャンマー | Comments(4)

伝統的なミャンマー料理

ゴールデン・ロックを見に行った日は、伝統的なミャンマー料理の夕食でした。
確か・・・シン族って言ってたかなぁ?
日本の素麺に似ている料理が出ると、ガイドのニンニンちゃんが言ってました。

またもや、スナックのような・・・これは、ついつい手が伸びてしまいます。
f0033598_2111394.jpg


桶には、何故か「雨憶」と言う文字。
そうだよ~、本日は、間違いなく「の記」の日だったよ~(^^;

続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-28 21:27 | 2016.07ミャンマー | Comments(4)

チャイティーヨ ゴールデン・ロックへ その2

霧の中のゴールデン・ロックを見た後は、山頂のホテルでの昼食。行きに数軒ホテルがあるなぁと思って見ていたのだけれど、この辺りに泊まれば、朝日に照らされたゴールデン・ロックも拝めたろうなぁと・・・。もっとも私が行った時期は雨季なので難しいとは思いますけどね。

霧雨の中、早く建物へ入ろうとばかり考えていたので、外観の写真は無し。「マウンテントップホテル」その名の通り山頂にあります。

奥のレストランへ通されました。他にはお客も見当たらず、私達だけ。乾季には満室になるらしいけど、雨季はなかなか難しいのかも?

ホッとして、レインポンチョを脱いで昼食。

ミャンマーはビールが美味しくて有名らしいのだけど、私は下戸なので写真用にちょっと拝借。大体、4~5ドルくらいだったかなぁ?なかなか素敵なデザインです。
f0033598_2045784.jpg



続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-27 19:00 | 2016.07ミャンマー | Comments(0)

チャイティーヨ ゴールデン・ロックへ その1

ミャンマー2日目。
この日は、ヤンゴンからバスで移動です。4~5時間の移動なので、朝も早く5時半出発。4時半のモーニングコールだけど、その前には起きていました。日本時間だと7時ですしね。

朝食はホテルが用意したお弁当でした。
写真は無いのですが、アルミホイルに包まれたポテトフライと、きちんとラップに包まれたサンドウィッチ2つ、リンゴ、焼き菓子、ジュースでした。
f0033598_17115459.jpg

サンドウィッチは、パンが3枚で1セットになっていて、卵焼きと鳥のハム(多分ホテルの自家製)と野菜のサンドでした。正直言って、あんまり味には期待してなかったのです。バスの中でポテトフライをつまんで、「まぁ~普通だな~」って思ったのですが、なんとなくお腹空いたし、次のトイレ休憩のときまでより、先に食べちゃお~ってことで、バスからの風景を見ながら、サンドウィッチをパクリ。
「なにこれ~!美味すぎる!」

ハイ、正直な感想です。イギリス統治下にあったから?サンドウィッチは美味しいのか?判りませんが、ともかく美味しいサンドウィッチでした。最近日本橋でサンドウィッチ系のランチが多かった私(歯の治療で中だったので消化の良くて量も多くないものって基準で選んでた)、「これは・・・日本橋でランチで出しても十分通用する味だ!」って思いましたね。

途中2回、トイレ休憩を挟んで、ゴールデン・ロックの麓のキンプンへ到着。4時間ちょっとでしたので、思ったより早かったかな?

ゴールデン・ロックのあるのは、山の上。そこまでは政府のトラックバスで途中まで行き、そこからは徒歩で登ります。

トラックバスに乗り込む前に、バスの中で雨具のズボンとポンチョを着込み、高倍率のカメラは濡れないようにジップの付いた袋へ仕舞い込み・・・、万が一、雨に降られた場合に備えて、です。

何故ならば・・・

続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-26 18:55 | 2016.07ミャンマー | Comments(2)

ヤンゴン その2

夕飯後は、最初の観光へ。ライトアップされた、シュエダゴン・パゴダへ向かいました。

レストランを出た時は、まだまだ明るかったので、この明るさでライトアップなんて大丈夫なのかしら?って思っていたのですが、適度な?渋滞で時間も捗り(笑)、19時前に到着。我々外国人が入れるのは南門から。
このパゴダは、東西南北にそれぞれ門があるそうで、それぞれに階段とエレベーターまたはエスカレーターがあります。

Wikipediaによると、伝説的には2500年前に建設されたそうだけれど、実際には6~10世紀(1000年は差があるぞ!大雑把と言うかなんつ~か・・・)だそうで、度々の地震で崩壊したりした後、今の形になったそうな。お釈迦様の髪の毛が奉納されたと伝えられる由緒ある寺院なのです。

エレベーターに乗る建物の所で、参詣するためには靴や靴下は脱ぎ、素足になって入ります。神聖な場所ですので、お坊さん以外は、全員素足です。

寺院の中は、大理石が敷き詰められています。ただ、これは雨など水に濡れると大変滑りやすく厄介です。じゃぁ、晴れていた方のが良いか言うと、晴れていたら晴れていたで、非常な高温になって歩くのも大変なのです。そのために、あとで写真にも写っていますが、緑色の網目状のマットが敷いてあります。

この上を歩けば大丈夫なんじゃない!と思った、そこのア・ナ・タ!甘いね~!マットは、とっても固いゴム製なので、足裏マッサージの痛いバージョンの連続なのです。滑るか?熱い思いをするか?それとも痛さを堪えるか?まるで修行のようでもあります←大げさ!

エレベーターから渡り廊下のような通路を通って境内へ。
目の前には・・・
光り輝く仏塔が!カタログ(英語版)によると、高さ約99メートルの黄金のストゥーパを中心に60以上の仏塔や廟が周りを取り囲んでいます。
f0033598_14415037.jpg



続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-25 18:50 | 2016.07ミャンマー | Comments(4)

ヤンゴン その1

ヤンゴンに到着したら、滑走路が濡れていました。スコールの後だったんだな、と思いましたけど、外は思ったより蒸し暑くなくてホッとしましたが・・・。
初っ端から蒸し暑さがお出迎えよりは良かったですけど、雨季の東南アジアの蒸し暑さとスコールの激しさは、翌日から体感することになるとは、この時点ではサラサラ思ってはいなかったのでした。

ミャンマーはイギリス統治下にあったのですが、道路の通行はイギリスや日本と同じではなくて、アメリカと同じ。なのに、走っているのは、中古の日本車ばかり。当然ハンドルは右ハンドルです。普通の個人の車も、観光バスも路線バスも日本車の中古車ばかり。ミャンマー語のラッピングの路線バスも、ふと見ると乗り口には「入口」って漢字で書いてあるし。。まぁ、空港で使用している飛行機と建物の間を走るバスも日本の路線バスが使われていますのでね。普通に「つぎとまります」ってボタン残ってるし~(笑)

日本車が多いせいか、渋滞が著しいヤンゴン市内でも、排気ガスの臭いが強くなくて救われましたけどね。

ミャンマーと日本との時差は2時間半。ま~中途半端な・・・と思いましたけど、確かインド行った時も中途半端だったような・・・?
到着したのは現地時間で15時半過ぎでしたが、日本時間なら18時過ぎ。ということで、早めの夕食になりました。
そのあと、ライトアップされた寺院を見に行くことになっていたからです。

到着した場所はこちら。
「House of Memories(ハウス・オブ・メモリーズ)」と言うレストランです。
が・・・実は、ここは、以前は凄いところだったのです。
f0033598_1933198.jpg



続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-24 16:10 | 2016.07ミャンマー | Comments(4)

出発

今回も楽して、ツアーにしちゃいました。
ミャンマー語は、見ても判らないし・・・イギリスの統治下にあったところですが、独特の文字なんですよね。
例えば・・・こんな感じです。
f0033598_1653171.jpg

付け焼刃では読めませんorz...
結局今回覚えたのは、上の、「こんにちは」だけでしたね~。

続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-23 18:50 | 2016.07ミャンマー | Comments(2)

イメージ写真

バガンでは、雨季でしたので、天気は曇り。夕陽を見ることが出来ませんでした。最強と言われる?晴れ女の私も、ミャンマーでは通じなかったようで・・・008.gif

ソフトを少しいじって、夕陽に染まるバガンって、こんな風だったのかなぁ?と。。。
パパッと作ったので、イマイチですけど、まぁ、少しは近いかな?と・・・。
f0033598_2154513.jpg


それと、今回は私の写真を少しだけ載せます。

続きはこちら・・・
by mydreams_andy | 2016-07-21 22:00 | 2016.07ミャンマー | Comments(2)

ミャンマーへ・・・

14日から夏休みを取って、ミャンマーへ行って来ました。

私が子供だった頃は、ミャンマーはビルマと言っていました。
ビルマと言えば・・・「ビルマの竪琴」ですよね。
第2次世界大戦の時の話(フィクションです)で、水島上等兵が隊を離れて移動中に戦死した日本兵などの遺体を見て、そのまま放置して帰れなくなり、出家してビルマに残って・・・って話です(ずいぶん端折りましたが)。
あの竪琴の音は、なんとも言えない音で、今でも耳に残っています。現地のお坊さんは、みな茶色の袈裟を着ています。竪琴のミニチュアをお土産で買って来ましたので、やっとこの完成版が出来ました。
f0033598_17575121.jpg




今回も色々考えて、またもやツアー。向こうに行ってみて、改めてツアーで良かったかな、と。言葉はミャンマー語で読めないし、地方へ行くバスターミナルも中心から離れているし、行った先でもトラックに乗ったりと一人では大変なことが多かったと思います。
また、色んな話も現地ガイドさんから聞けたし。。

メインの目的は、バガン遺跡に行くことでした。
ここを訪問することによって世界三大仏教遺跡に行ったことになりました。
カンボジアのアンコール・ワット、
インドネシアのボロブドゥール、
そして、ミャンマーのバガンです。

バガンって?ってどんなとこ?って思う方が、殆どだとと思います。
パゴダが沢山あるところです。
パゴダ (pagoda) とは仏塔(ストゥーパ)を意味する英語で、日本ではもっぱら、ミャンマー様式の仏塔のことを意味します。日本の仏塔と同様、仏舎利(釈迦仏の遺骨等)または法舎利(仏舎利の代用としての経文)を安置するための施設が、あたり一面にあるのです。

登ることの出来るパゴダからの眺めはこんな感じです。
この景色を見たかったのです。
f0033598_1882611.jpg


f0033598_188499.jpg


緑の中の茶色いもの、尖がったものは全てパゴダと思ってもよいです。

本当は夕日が沈む景色が見たかったのですが、生憎雨季でしたので、曇り空でしたが。
まぁ~パゴダの上でスコールに会わなかっただけいいかなと・・・

ミャンマーは長い間、軍事政権が支配していて政情不安定でしたので、訪問は諦めていましたが、ようやく平和が戻って来たので、早いうちにと思って今年行って来ました。

これからぼちぼちと旅行記をアップしていきますので、お楽しみに~
by mydreams_andy | 2016-07-20 18:13 | 2016.07ミャンマー | Comments(9)

14日から・・・

もう、どこに行くかはお判りだと思いますが、14日からミャンマーに行って来ます。
今回はバガン遺跡が目的です。

これで、世界三大仏教遺跡を制覇したことになります。
カンボジアのアンコール・ワット
インドネシアのボロブドゥール
そして、ミャンマーのバガンです。

ミャンマーは昔のビルマです。2010年以降の日本語表記はミャンマーに変わりました。詳しくはこちら
ビルマと言えば「ビルマの竪琴」が有名ですよね。。。子供の頃はビルマでしたし。。。
敬虔な仏教徒が多く、一生のうち1度は必ず出家するそうです。(だから向こうではパンちゃんにはこんな格好はさせられません)
f0033598_21041388.jpg



18日には帰国しますが、その間はコメントなどのお返事は出来ませんので、あしからずご了承ください。
ネット環境も整ってきているようですが、せめて海外にいる間は解放されてもいいかなと・・・(笑)
by mydreams_andy | 2016-07-12 23:04 | 2016.07ミャンマー | Comments(2)


本家HP『Dreams Come True~私の旅行記~』の管理人Andyの近況をパンダのパペット達がレポします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 22:24
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 22:23
>Slackyさん 足..
by mydreams_andy at 22:21
見頃だった紅葉も昨夜から..
by tomo@イタろじ at 17:29
紅葉キレイですね~☆ ..
by Slackey at 17:41
すごーい!蘭ちゃん有名犬..
by Slackey at 17:37
>micioちゃん ま..
by mydreams_andy at 14:23
飼い主さん冥利だね。立派..
by micio at 22:27
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:56
生憎の雨だったね。でも蘭..
by tomo@イタろじ at 21:50
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 19:37
うわー!詳しいレポありが..
by Slackey at 19:28
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 20:32
お花見弁当作ったのは良い..
by tomo@イタろじ at 18:47
>Slackeyさん ホ..
by mydreams_andy at 17:51
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング