『ドリカム』Andyの気ままな日記



カテゴリ:2012.07ヨルダン・ドバイ( 29 )


ヨルダン・ドバイ旅行を振り返って・・・

早いもので、ヨルダン・ドバイに行ってから1ヶ月になります。ちょうど1ヶ月前の今頃は、ヨルダンに居ました。
翌日はペトラ遺跡に行くというので、不安半分、期待半分というところでした。

何度も同じことを書きますが、ホントに暑かったけど、大変だったけど、良かったと思える旅でした。
今回は、イスラム圏で、移動手段など難しいことが多いので、ツアーにしましたが、結果ツアーで良かったと思います。体力を消耗してヘロヘロになっている時に、あれこれ移動手段とか考えるのは大変ですからね。ツアーは集合場所と時間さえ守れば「連れて行ってもらえる」のですから。

中東と言えば、アラブの男性はこのようなカフィーヤと言う布を被っています。それをなんとなく真似して作ってみました。
f0033598_0441824.jpg


ヴェネツィアのゴンドリエーレの帽子や、アオスタで登山帽をパンダ用にお土産のものを購入してきましたが、今回は子供用のカフィーヤは気がつきませんでした。
本当は大人用のものを購入しようかなぁ?と思ったのですが、男性のものであるカフィーヤを女性である私がかぶって見るのは、どうかなぁ?と思い、とどまってしまいました。誇り高いアラブのベドウィン達が、いくら観光客とは言え、自分達の伝統が破られるのはいい感じがしないだろうと・・・女性用の被り物はまた別にありますのでね。
でも、被り方だけでも教わっておけばよかったなぁと思いました。まぁ、それも他人の頭に触れることになりますので、難しい問題なのですけど。

旅行記も、ホームページではなく、ブログにアップしました。ホームページのほうは数年前から更新が滞っているのですが、文章だけを書けばよいブログと違って、写真の配置や、壁紙、文字の配列など色々と手間隙がかかって大変なのです。書きかけのものがありますので、そのうちなんとかせねばとは思うのですが・・・なかなか・・・


たった7日間の旅のことが、ブログでは3週間ほどになりました。それほど内容の濃い旅だったと言えるのです。異文化に触れるのはいつものことですが、でも、ホントに強烈な印象と思い出を残しました。

また最近、隣国シリアの状況がより難しくなってきています。それに伴い、レバノンやトルコ、ヨルダン、イラン、イラク、エジプトなど中東の国々では燻っていた問題が表面化してきて難しい状況ばかりです。何がどうなれば一番いいのかは、余所者である私達には判りかねる問題ですが、一日でも早く人々が平穏な日々を送れるように祈らずには居られません。
そんな中、無事に行って来れたのはホントに幸運だったと思います。


僻地で、あと行きたいと思っているのは、マダガスカル、ボリビアのウユニ塩湖、です。その後、ケニア、南アフリカと続きます。宝くじが当たったら、スパッと行けるんですけどねぇ・・・(笑)


話は元に戻りますが、今年の夏はホントに強烈な思い出が出来た夏でした。
by mydreams_andy | 2012-08-09 01:18 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(4)

王室御用達の味

ドバイは、世界中から人が集まっている街です。そして、オイルマネーが唸っているリッチな街です。アラブの王室は、私達が想像もつかないほどの大金持ちです。そんな王室が御用達にしているお店の1つにデーツ(なつめやし)の専門店があります。

ドバイのガイドさんから、「王室御用達のデーツのお店がある」と聞いて、デーツ好きの私としては、是非行かねば~って思ったのです。昔、エジプトに行って初めて食べて、好きになったドライフルーツなんです。エジプト滞在中に生のも食べたのですが・・・食べたということと、「甘かった」と言うことしか記憶にないのですが・・・(涙)

そのときも買って来たし、その後知り合いになった人がエジプトに行ったときにもお土産で貰ったりしたのですが、その後は、探せばあるかもしれないけど、特に探しもせず・・・でも、手に入るなら買いたいって思っていました。

再集合場所までドバイ・モールを歩いていて、そのお店を教わったとき、自由時間になったら絶対に来なきゃって思っていました。

バージュ・カリファに昇る前の時間は、まず下見ってことで行って見ました。
入ると、ずらりとデーツ。それもアーモンドやヘーゼルナッツ、胡桃、オレンジピールなど、こじゃれた感じで、デーツそのものの果肉も厚く、さすが見栄えがいいものばかりでした。

見ていたら味見を出してくれたので、早速食べてみたら
なんじゃコレ~!いったい今まで私が食べてきたデーツはなんだったのだろう?天と地とのほど味が違う!って思いました。

とりあえず、荷物になるので「後でまた来ます」と言い残して、下見続行。その後、バージュ・カリファに登った後、自由時間になったので、真っ先に行きました。

ウィンドーを見ていたら、またもや味見が出されて・・・儲かっているお店は違うのぉ~と思いつつ食べていたら、後から入ってきた中国人達が「自分達にも食べさせろ!」って。全く、なんだかな~って人たちです。

さて、そんな人たちは構わず・・・お土産を選ぶことに・・・しかし・・・さすが王室御用達。小箱入りのものが殆どなく、大箱ばかり。これをド~ン!と大人買いして行くそうなので、小箱入りは必要ないんでしょうね。
とりあえず、親友に小箱入りのを見つけ、後は自宅用に1箱購入。デーツは好き好きがあるので、あんまりお土産としては選びにくいんですけどね。

でも、王室御用達だし、ともかく味が違うので、話の種にってことでね。我が家用は私が大好きなものだし・・・
箱そのものから、ゴージャスじゃぁありませんか・・・リボンも厚みのあるいい布製のでした。
f0033598_20501630.jpg


Bateel(バティール)といいます。
f0033598_20503716.jpg


中身はこんな感じです。
f0033598_20504788.jpg




あとでお茶しながら、レートを計算してみたら(カードで払ったので、そのときは何も考えなかった)、4000円ちょっと。ん~、いいお値段かも~。でも、美味しいからそれなりの値段のものだと納得できる味でした。
by mydreams_andy | 2012-08-07 20:00 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(2)

番外編 ~ペトラで出会った動物達~

ペトラ遺跡では、色んな動物を見ました。
移動手段として活用されていた動物が殆どでしたが、動物の表情も色々なので好きなんですよね~
イスラム圏なので、犬が少ないとは判っていましたが、遺跡内でベドウィンが連れていてその後岩陰の下に潜り込んでいるワンコを見かけましたが、遠くからだと毛皮の敷物?っぽく見えるので写してこなかったです(笑)

意外なのは、猫が多かったこと。900段の階段を登りきったエド・ディルにも居たし、その途中登り道で、身軽にヒョイヒョイ上がっていくニャンコさん、降りてくるニャンコさん、何匹も見かけました。
トカゲとかの小動物がいるので、えさには困らないのでしょうね~

まずは、馬車用の馬。耳を絞ってちょっと警戒しています。ブリンカー(目隠し)をしているので、ここコはちょっと臆病なのかもしれませんね。
f0033598_20282367.jpg


f0033598_20283999.jpg

このニャンコさんは、エル・ハズネのところで近づいてきたのです。

私のパンちゃんに「ちょっと、挨拶に来なさいよね~」って感じで(笑)

一瞬だったので、ブレブレの、どアップですが~


続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-06 20:00 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(2)

世界一の噴水ショー

ドバイの最後の世界一は、「ドバイファウンテン」と呼ばれる、
世界一の噴水ショーです。
一日に何回かあるそうですが、見たのは一番最後の7時半からのショーでした。

動画で記録って方法もありますが、私は水の動きを映すのが面白くて好きなので、あえて写真にしました。
一部はスライドショーに加工しました。

外はこんなに暗くなっても蒸し暑いです。先ほどまであのビルの中に居たのに、ショッピングしながらこんなに移動してきたとは・・・ホントに大きくて広いドバイ・モールです。
始まる少し前から陣取り・・・なかなかいいポイントをGETしました。その後多くの人が現れたので、ホントにいいタイミングでした。

音楽とともに水のショーが始まりました。遠くのほうから、まるでドライアイスの煙のようにモクモクと・・・暑いので、あの煙の中に入りたい・・・と思えるほどでした(笑)
f0033598_18112521.jpg


いくつもの水の柱が現れ・・・
f0033598_18114392.jpg


流れるような動きで、手前のほうにも現れました。
f0033598_18115132.jpg


花が咲いて、その中央にバージュ・カリファがあるような・・・
f0033598_18115986.jpg



続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-05 18:43 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(2)

あれも世界一!これも世界一!世界一が大好きなドバイ

お昼を食べた後、世界一の長さの無人運転鉄道「ドバイメトロ」に乗る為に、駅まで歩くことに・・・
この時点で、暑さと湿度でヘロヘロになっていた私、「自腹でいいから、駅までタクシーで行きたい」って冗談交じりで言ったほどでした。
途中、案内表示を見たけど、800mくらいは歩いたんじゃないかなぁ?普通のところならば別にどうってことないですが、気温40度以上、湿度80%以上の中を歩くなんて、ハッキリ言って具合悪くなるためのものって感じでした。

も~この点が、このツアーの唯一の欠点でしたね。

色んな条件が重なり、ちょっと具合悪くなったのですが、薬を飲んだら30分ほどで落ち着きました。

「ドバイ・モール」と言う駅で下車。外に出て、バスに乗って移動。せっかく「ドバイ・モール」って名前にしてるんだから、駅に直結にして欲しかったですね~

と言うことで、バス待ちの間に、世界一の高さのビル、「バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)」をパチリ。
f0033598_1631068.jpg



続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-04 19:39 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(4)

蒸し暑いドバイの街を歩く・・・

ドバイの1日は、朝10時出発と言うものすご~く楽なスケジュールで始まりました。
が・・・そこにとんでもない地獄が待ち受けているとは思いも寄らなかったのです。

ロビーに集合すると、ドバイの街のバス、地下鉄の全てに通用するプリペイドカードを渡されました。
日本のものと同じで、チャージすればいつでも使えるとのことで、「次回にまた使ってください」って(笑)
f0033598_21482966.jpg


これで乗れるのは便利なのですが、バスは乗るときだけでなく、降りるときも、ピッってやらないといけないので、それが面倒だったですねぇ。

バスに乗るために、ホテルからバス停まで徒歩。それも今の猛暑の日本の比ではないくらいの暑さと湿度の中・・・暑さと湿度に弱い私はヘロヘロになってバス停へ。
バス停も炎天下で待つのかと思いきや・・・ドバイのバス停は天国でした。
写真は・・・もうお判りだと思いますが、暑くてヘロヘロだと写してませんので、残念ながら無いのですが、クーラー付きの待合室があるんです!ああ・・・日本にも是非欲しいわ~って思いましたねぇ。

15分程、バスに乗って、最初の目的地「ゴールド・スーク」へ。
入り口のところは木で出来ていましたが(私的にはキンキラしていて欲しかった)、『CITY OF GOLD(黄金の町)』って書いてありました。

入り口は地味~
f0033598_21121280.jpg



このゴールド・スークもかつてよりかなりお店が減ってしまったそうです。言われてみれば、イタリアのフィレンツェのポンテ・ヴェッキオの方がお店多い気がする・・・

続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-04 09:50 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(0)

パンダちゃんは金が好き

真面目な遺跡の話ばかりでしたので、ドバイ編に入る前に、ここいらでちょっと息抜きを~

ドバイと言えば・・・「ゴールド・スーク(金の市場)」が有名ですが・・・市場の建物から道路から売り物から全てが金で出来ている訳ではなく・・・
金製品を売る店が集まっているところなんです。




ここでは、全てが金なの。だから金色に染まったパンダは珍しいでしょ?お高いわよ~
f0033598_041329.jpg


今回はどれにしようかしら?めんどくさいから、大人買いしようかしら?
すみませ~ん!このウィンドー全部!!
f0033598_043371.jpg


これ、特注品で、世界一大きな指輪ですの。
ホントは私のものですけど、皆さんに「見せてあげてる」んですよ、オホホ・・・
f0033598_044695.jpg




ドバイといえば、あの世界一の、のっぽビル「バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)」に金の自動販売機があるのを、ご存知?
あれがそうなんですのよ。
f0033598_05526.jpg


ペンダントヘッドとか、金貨が売られているのよね。お支払い?もちろん、カードで(それもブラックで)
f0033598_053516.jpg


で・・・皆さんには「買いません!」と言ってましたけど、実はこれだけ買ってきましたのよ~旅の思い出に・・・
f0033598_054648.jpg








当記事は、フィクションです。あしからずご了承ください。
by mydreams_andy | 2012-08-03 19:50 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(0)

ジェラシュ遺跡 後半 ~2000年前の街から最先端の街へ~

2000年前の古代ローマの都市、ジェラシュ。余りにも広大で、まだまだ未発掘の都市。全貌が明らかになったら物凄いと思います。でも、気候の問題、民族性の問題で、それが明らかになるのは一体いつのことやら?全てはアッラーの神の思し召しのままに、です。

いよいよ、今回の最終目的地、アルテミス神殿です。アルテミスって言うと、ギリシア神話では狩猟・純潔の女神で、後に月の女神ともなります。

しかし、小アジアでは、大地母神信仰と混交して、独特なアルテミス崇拝が存在していたと想定されていて、植物の豊穣や多産を管掌する地母神としてのアルテミス崇拝だと考えられているそうです。
おそらく、この辺りも、同じような意味合いでの信仰だったと思います。
f0033598_20414194.jpg


神殿に残っている柱の装飾です。
f0033598_2042450.jpg



続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-02 20:01 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(0)

ジェラシュ遺跡 前半 ~2000年前の街~

ヨルダンでの最後の観光は、首都アンマンから北へ約50km、死海からは80kmくらいのところにあるローマ人がアラブに作ったもっとも壮大な遺跡「ジェラシュ」です。


ジェラシュは青銅器時代(紀元前3200年から紀元前1200年)には集落があったそうで、十都市連合のうちの一つでゲラサと呼ばれ、古代ローマ時代の都市遺跡なのです。

古代ローマに征服された後、近隣の都市とデカポリス(十都市連合)を組みパスク・ロマーナ(ローマによる平和)が保たれたことにより、人々は経済活動や公共施設の建設に時間や労力を割くことができ、交易が発達し都市基盤が整った街だそうです。

106年ローマ帝国皇帝ハドリアヌスもここを訪れ、その記念に「ハドリアヌスの凱旋門」と呼ばれる凱旋門まで作られています。その後、シリアのパルミラの滅亡や海上輸送の発達などにより徐々に廃退していたところに、614年にサーサーン朝ペルシャがシリアに侵入したことによりゲラサは急速に衰退、746年、大きな地震がジェラシュとその近郊を襲い、以後ジェラシュは再建されなかったそうです。

それ以降は、十字軍の短期駐留があった程度で、歴史の表舞台から完全に忘れ去られ、19世紀半ばに再発見されるまで眠り続けていた都市なのです。


これが、ハドリアヌス帝の凱旋門です。
f0033598_1435855.jpg


上のほうにある彫刻
f0033598_144178.jpg



ちなみに、余談ですが、ハドリアヌス帝と聞いて「ん??どこかで聞いたことあるような?」って思った人も多いかと思います。漫画から映画化された「テルマエ・ロマエ」で、市村正親さんが演じた皇帝がハドリアヌス帝です。第14代皇帝で、帝国各地を視察して歩いた皇帝です。当時としてはホントに大遠征ですよねぇ。

続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-08-01 20:00 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(0)

世界で一番低い死海で浮遊体験

バスは一路、世界一低い場所である、死海に向かって下っていきます。ここは、東アフリカを分断する大地溝帯の続きで、この辺りはヨルダン渓谷と呼ばれています。

途中、検問所がありました。イスラエルに近いのでね。中東のゴタゴタの地区にあるにしては、ヨルダンは物凄く平穏な国です。今の国王の統治力が凄いんでしょうね。
検問所のところでは、カメラで絶対に撮影をしないようにと警告されました。検問所の辺りは、何にもない不毛の地でしたが、軍事的にはかなり重要な場所のようです。平和ボケしている我々日本人にとっては、遠い存在ですが、世界中ではこのような紛争の場所が沢山あることを忘れてはいけないと思います。


話は元に戻りますが・・・
バスは30分ほど山を下っていきました。海抜が世界一低いので、1200m以上も下ってきたんですよね。バスは、死海沿いのホテルに到着しました。
3つ星ホテルでリーズナブルな割には、部屋も広くて過ごしやすくいい感じでした。

ホテルから死海までが、ホテルの敷地内であるにも拘らず少し判りにくいのと、みんなで写真を撮り合ったりするため、それぞれ水着に着替えて30分後に集合。
途中、プールサイドでバスタオルを借りて、死海へと向かいました。

それにしても暑い・・・空気が完全に澱んでいます。まぁ、世界で一番低いところですから、風がないのも判るような・・・湿度もあり、40℃くらいはあったと思います。

熱せられた砂浜を通り、死海に到着です。

ここが、世界で一番低い場所(湖面の海抜はマイナス418m)で、
なんでも浮かぶという死海だよ~
向こうの岸はイスラエルか~
f0033598_20561338.jpg




写真撮影をした後、早速、死海に入ってみました。
まず、水ですが、生温いです。そして、塩分濃度が約30%であるため、ぬるっとした感じです。つまり、この湖水1リットルあたりの塩分量は230gから270gだとか・・・(wikipediaより)湖水は、濁っています。湖底の泥が混じっている感じです。湖底は石がゴロゴロしていて、ちょっと痛いのですが、サンダルを履いていると、浮いて脱げてしまうので、裸足で入りました。膝くらいの深さまで行くと、物凄い浮力を感じました。足元から持ち上げられるような、なんとも奇妙な感じでした。

ここで転んで湖水が目に入ると、痛さでとんでもないことになるので、まず一旦浅いところから仰向けでお尻を浮かせ、腕で湖底を探りながら岸から遠ざかりました。
もう、脚は完全にフワ~~っと浮いています。

恐る恐る手を離してみると・・・

(本邦初!管理人Andyの水着姿初公開!!!)

続きはコチラ・・・
by mydreams_andy | 2012-07-31 20:00 | 2012.07ヨルダン・ドバイ | Comments(2)


本家HP『Dreams Come True~私の旅行記~』の管理人Andyの近況をパンダのパペット達がレポします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 20:32
お花見弁当作ったのは良い..
by tomo@イタろじ at 18:47
>Slackeyさん ホ..
by mydreams_andy at 17:51
すご~い!キレイ!! ..
by Slackey at 00:05
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 17:24
一足先にオレンジピールを..
by tomo@イタろじ at 18:43
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 22:55
うわ~☆おいしそう。オレ..
by Slackey at 21:45
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 22:49
親切な人、中にはぶっきら..
by tomo@イタろじ at 22:45
>Slackeyさん ね..
by mydreams_andy at 21:27
雪まつりレポありがとう☆..
by Slackey at 15:55
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:44
奈良の興福寺はandyち..
by tomo@イタろじ at 22:56
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:11
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング