カテゴリ:パンダイタリアへ行く2009( 21 )

 

トリノ 後編  その15

トリノってオリンピックの街、チョコの街、フィアットの街って他に、何が有名だっけ?って行く前に思っていました。ガイドブックを見ているうちに「あ~!そうだった!!コレもここにあったんだけ」って思うものがありました。


長年にわたって真偽の程が議論され、科学的調査も行われた結果・・・「限りなくクロ(=ニセモノ)に近い」って結論も出たりしているものです。


それは、聖骸布です。ゴルゴダの丘で磔刑に処せられたキリストを包んだと言われている布です。
それは、トリノにあるのでした。


ここが、その聖骸布のある、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ大聖堂です。
日曜日のミサが行われているので、終わるまで外で待ちます。
f0033598_23301983.jpg



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-27 00:10 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(0)  

老舗カフェ  その14

トリノと言えば・・・ビチェリンって思ってました。本で読んで知ってはいたものの、実際に飲んだことは無く・・・楽しみにしていました。ただ、本家本元の「アル・ビチェリン」に行くほどの元気は無かったのですが、老舗カフェで堪能してきました。

サン・カルロ広場に面してある、カフェ・トリノ(1903年創業)です。ポルティコの中なので、雨に濡れることはありません。
f0033598_22105265.jpg



お店の前の歩道には、真鍮のウシが・・・これを踏むと幸運が訪れるそうで・・・(良くあるパターンだ)
f0033598_2211511.jpg



ビチェリンって何?って思う方もいらっしゃると思うので、説明させていただきますが・・・ホットチョコレートに、エスプレッソと泡立てた牛乳を混ぜた飲み物なんです。イタリアの初代首相カヴール伯爵や、サヴォイア家の人々が飲んでいた飲み物なんです。

早速、朝からお店に入ってみました。

続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-22 23:05 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)  

老舗ジェラテリア その13

トリノはフランス統治下時代の影響もあって、椅子に座ってお茶をするカフェ文化が根付いています。他のところだと、バンコ(カウンター)とテーブルの席の値段も違うし、あんまりテーブル席が多くないので疲れたときはちょっと困ることもあるのですが、その点トリノはいいですね。

最近はイタリアのジェラテリア(ジェラート屋)も日本にも出店していて、大いに賑わっていますが、トリノにも有名店、老舗など色々とあります。

モーレからマダーマ宮に戻る道すがら、お目当ての老舗ジェラテリアに寄って来ました。
1780年創業のフィオーリオです。
f0033598_22103147.jpg

ジェラートを・・・って思っていたのですが、お店の入口のところに、ランチビュッフェの案内があったので、ここでお昼も食べることにしました。



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-21 22:50 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)  

トリノ 前編 その12

18日の土曜日はトリノの街をブラブラしました。トリノの街はポルティコ(柱廊)のアーケードが多くて、雨が降っても大丈夫なところです。

これは、トリノの双子の教会(右:サン・カルロ教会、左:サンタ・クリスティーナ教会)だよ~朝9時半過ぎだけど、人は疎らだね~
f0033598_23111354.jpg



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-19 23:10 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)  

アオスタ散策・後編 その11

美味しいケーキを食べて、まったりしたので、また街の遺跡を見て歩くことにしました。

アウグストスの門(紀元25年頃のものだそうです)ほぼ2千年!!凄い~~
f0033598_22555472.jpg



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-14 23:15 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(0)  

アオスタ散策・前編 その10

アルプスの山を見ることが出来たので、やや興奮気味で降り立ちました。駅はグーグル・ストリートビューで見ていたので、「あぁ、ついにパソコンで見ていた場所にやってきたんだなぁ」と実感。
f0033598_1811546.jpg


駅でトイレ入ったり、カメラ(とパンダ)用意したりと準備万端で出発~♪


駅前にある公園の右側の道路をまっすぐ歩いていくと・・・

続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-12 22:44 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(3)  

アオスタへの車窓から その9

翌18日は、トリノから電車に乗って(約2時間)、日帰りで、アオスタと言う街に行きました。

ここは、アルプス山脈が北にそびえ、アルプス越えの大小のサン・ベルナルド峠への分岐点でもあります。また、古くローマ皇帝アウグストゥスの時代から防御の要として重要な街でもあったため、沢山のローマ遺跡が残っています。また、ナポレオンがアルプス越えした際も、このアオスタを通ったそうです。

アオスタの街からバスで1時間行ったクールマイヨールと言う街からは、ロープウエーで、国境のアルプス山脈を越えて、フランス側のシャモニーまで行けるそうです。
夏は避暑に、冬はウィンタースポーツにと通年楽しめるところです。

前の晩にトリノ駅であらかじめ電車のチケットを購入。イタリアでは、乗車時間の直前に窓口に買いに行くと長蛇の列っていうのは普通で、乗り遅れることもあるそうです。窓口で購入の相談をしたりするので、時間がかかってしまうそうです。そのため、余裕のあるときに事前購入。昼間窓口を見たときは20人くらい居たのですが、夜7時過ぎに行ったら3人目。拍子抜けするほどで、私もある程度は希望の列車を絞っていたとは言え、窓口のおじさんに端末の画面を見せてもらいながら購入してきました。

いつもの通り、出発ホームが決まるのを待ち、今回は15分程度の遅れでしたが、早々と電車に乗り込むことが出来ました(遅れの理由も途中まで行くと納得しました)

トリノ駅を出発してキヴァッソと言う駅に来ると、今まで最後尾だった車両がポイント切り替え後、先頭車両になって走り始めました。私は直通を選びましたが、このキヴァッソで乗り換える場合もあります。

途中、田園地帯で雨が降り始めました。
f0033598_17592645.jpg



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-11 18:45 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(3)  

快晴のトリノ その8

登山電車は、木々の間を通り抜けることが多いのですが、時折、山の上の大聖堂を見ることが出来ました。

目的地はここ(矢印の先)です。
f0033598_0295618.jpg



駅に到着しても、すぐ目の前ではなく・・・ちょっと急な坂道を歩いて登らなければなりません。この日は山の上は快晴だったのですが、遠くの景色はややどんよりとしていました。(その景気は後日)

続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-09 00:55 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)  

晴れのジェノヴァから、トリノへ その7

ジェノヴァを発つ日になって朝からピーカン。せめてあと1日早ければ・・・と悔やみつつホテル出発。ジェノヴァで泊まったホテルは、フロントでタクシーを呼んで欲しいと頼むと、パソコンで手配だったので、ちょっとビックリ。車の番号を教えてくれるので、ドアの番号を確かめれば間違いないのです。

平日の朝の道路の渋滞に巻き込まれることを想定してやや早めに駅へ。途中ちょっと渋滞に、はまったけど、20分ちょっとで到着。駅の待合室で、列車が到着するホームが確定するのを待っていました。

ユーロスターだと、駅に提示してある時刻表に番線が書いてあるのですけど、なんせイタリア。信用は出来ないのです。結構5分前に決定ってこともあるので、イタリアの電車の移動はだいたい走ってることが多いです(^^;

そして・・・恒例の(?)遅れ。まぁ40分ほどだったのですが・・・寝台列車で4時間遅れってのもありましたのでねぇ。時間を持て余したので、駅のバールでポテチと飲み物を買ってきてまったりしてました。

到着予定の10分前になっても表示が出ず・・・そして、乗り込む予定のホームは地下道を通った一番はじっこ。荷物もあるので、も~こりゃ~賭けてみようってことで、ホームへ移動。表示は無いけど、頑張ってアナウンスを聞き取って確かめていました。

50分ほどの遅れで電車到着。ラッキーなことにちょうど車掌さんがホームに降りてきたので、再度トリノ行きか確認(間違いなし)。合わせて車両の場所も教えてくれました。


新型車両の1等車です。最新型らしい。。PCも席で使えるようにコンセントがそれぞれについてます。
f0033598_2362061.jpg


1等は1シート、通路を挟んで2シートとゆったりしてます(2等は2シートずつ)
f0033598_2362957.jpg


1時間50分ほどの列車の旅を楽しみました。

続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-07 23:59 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)  

大雨のジェノヴァ その6

大雨の中、美術館をはしご。晴れていれば、テラスの中庭に出て、のんびりしたかったのになぁ・・・
いろいろと見れて心は満足したけど、お腹が空いてきたので、ホテル近くの食堂へ。

ここは、地元の人がお昼に通うところだそうで、お昼11時半から3時までしかやってません。最近は木金の夜もやってるそうだけど・・・。案内をよく読まなかったので、前日の夜行ったら、当然ながらやってませんでした。

ということで、リベンジ

その店は・・・開店中はこんな風に電飾がついています。「CUCINA CASALINGA=主婦の料理=家庭料理」って意味です。Mariaはお店を始めたおばあちゃんの名前だそうで、お店に写真が飾ってありました。
f0033598_0231851.jpg



細~~い坂になっている路地裏に入っていくとあるのです。
f0033598_0234020.jpg



続きはコチラ・・・

by mydreams_andy | 2009-10-06 01:08 | パンダイタリアへ行く2009 | Comments(2)