カテゴリ:読書・本( 25 )

 

袖振り合うも多生の縁

母がたまたま知り合った方から、絵本が届きました。
f0033598_18452493.jpg


「はらぺこあおむし」の絵本です。
送って下さったのは、日本でこの話を訳した、「もりひさし」先生です。
色んなパターンの絵本が出ていますが、これは10番目のだそうで...。本に先生の直筆で為書きしてありました。
f0033598_18453224.jpg

このあおむし、見たことない人は居ないと思います。どこの本屋さんにも図書館にも必ずありますからねぇ。
f0033598_18453684.jpg

先生は今年、白寿(99歳)です。矍鑠(かくしゃく)としていらっしゃるそうで、母と話が盛り上がり、意気投合して本を送って下さることになったとか...

袖振り合うも多生の縁、と言う諺を地でいった出来事でした。

by mydreams_andy | 2016-05-30 18:45 | 読書・本 | Comments(0)  

40年ぶりに...

「ベルサイユのばら」が40年ぶりに文庫本で11巻めが発売になるそうです。
ここ数年間に発表された、登場人物達のエピソードがまとめられて文庫本になるそうで、楽しみです。

私は、連載時は小学低学年でしたので、リアルタイム読者ではありませんが...最終回はマーガレットで見たような?
少し大きくなって、文庫本をまとめ読みしました。

さらに大きくなって、学生の頃、ツヴァイクの「マリー・アントワネット」にチャレンジしましたが、翻訳がちょっと古めかしく挫折してしまった記憶があります。

でも、この11巻発売をきっかけとして、またチャレンジすることにしました。幸いなことに、翻訳が新しくなったそうで、読みやすくなり、内容はまさに「ベルばら」の世界だそうです(オスカルは居ないけど)。
f0033598_21265259.jpg


通勤時間中にちょっとずつ読み進めていきます。

そして、ベルばら11巻の発売予定は8月。
楽しみです!

by mydreams_andy | 2014-05-21 21:29 | 読書・本 | Comments(2)  

ようやくGet!

届きました!
f0033598_2164984.jpg


若いのに、自叙伝 出てます。ロングインタビューが写真一緒にまとめられたものですが、自分の言葉でしっかり語っています。

若いけど、凄く冷静に物事を見つめて、深く考えています。

この本が出たときは、ソチはまだ想像が出来ない語っていますが、予想を遥かに越えてソチで金メダリストになりました。

これからが、まだまだ大変だと思いますが、成長を楽しみにして見ていこうと思います(ま~、オバサン的ですけど....)

by mydreams_andy | 2014-02-24 19:15 | 読書・本 | Comments(0)  

まず見るほうが、いいかも・・・

モントリオールで賞を取った「利休にたずねよ」ですが、12月に公開ですね。それまで待ち遠しいけど・・・
f0033598_21101622.jpg


映画化されたにあたって、原作を読もうって人も多いかもしれません。

が・・・恐らく半分くらいの人が、途中で投げ出すか、「???」のまま、意味が判らないままに読み終えるかも?って思います。

もちろん、ストーリー的には面白いのですが、利休と言えば、茶道。茶道と言えば利休ってことですから、茶道の用語が沢山出てきます。それも、初級で習う程度のものではなく、かなり上級(はっきり言って名前を取るくらいまで進めば完全に理解できる)レベルのことが普通に書いてあります。

ま・・・気にしないで読み飛ばせばいいのでしょうけど、「なんだ?」って疑問に思う人はそこで詰まってしまうかも?って思います。

私としては、原作を読むよりも、まず映画を見る方をオススメしますね。
まぁ、これは、あくまでも「私の感じたことですからね。あしからず・・・。

by mydreams_andy | 2013-09-10 21:56 | 読書・本 | Comments(0)  

またもや、寄り道

長いこと(それも1年近く)読むのを中断していた「ローマ人の物語」ですが、残すところ、文庫本であと6冊になりました。

内容が濃いので、通勤中に読み進めるのはホンの少しなんですが、「読んだなぁ~」って思えるんですよねぇ。

中断前は…なんとなく中弛みって感じで、面白みが減っていたんですよね~。まぁ、そういう時代だったのかもしれませんが。

その間、色々読んでいましたが、先月くらいから、再開していたのです。

が…シリーズを読みきったら、次はどれか決めていたのですが、海老蔵さんのブログを読んでいるうちに、急遽順番が繰り上がってしまったんです。

それは…「利休にたずねよ」です。(下は海老茶に海老蔵さんのサイン入り風呂敷)
f0033598_21101622.jpg

十二代目団十郎丈が最後の映画出演で、海老蔵さんと親子で共演もしている作品の原作です。

映画も完成したようで、ブログで海老蔵さんが「見て泣けた」と書いていました。

それを読んだ私の中で、優先順位が一気に上がり、勢いのあるうちに読みきってしまおうってなったのです。

来週中には読み終えるかな?こうやって寄り道して、「ローマ人の物語」完読のゴールは遠退くばかりです(^-^;

まぁ、次の3冊は買ってあるので、お得意の?平行読みもしようかなぁ?

by mydreams_andy | 2013-04-18 20:58 | 読書・本 | Comments(0)  

英語版とイタリア語版 読み比べ

3連休真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?
東京は昨日の勤労感謝の日は雨模様で寒い1日でした。今日は午前中雨が降ったりとイマイチな天気でしたが、お昼ごろから日射しが出てきて、そこそこの天気になりました。明日の日曜日は晴れの予報ですので、いい天気になると良いのですが・・・

今週始めから連休前日にかけて2冊の本がロンドンから届きました。以前から欲しいなぁと思っていた本がアマゾンで見つかったので注文しておいたのです。
買ったのはどちらもイタリア語の本(古本)です。それなのにロンドンから?って思いますよね~。私も何故?と思いましたけどね。

こちらが、その本です。
左の英語版は数年前に買ったのですが、その当時は英語版と日本語版しかなくて・・・イタリア語版の存在は知っていたのですが、見つからなかったのです。

SASEKの「This is」シリーズです。世界中の町を色々と紹介してる絵本で、大人でもかなり楽しめます。
f0033598_1624725.jpg

中の挿絵とかは、まるっきり同じで、違うのは最後のページに「今のヴェネツィア」と言う注釈があって、そこがイタリア語版のほうが詳しく書いてありました。


こちらは、ヴェネツィアのガイドブックで子供向けです。
f0033598_163539.jpg

子供向けだからって馬鹿にしてはいけません。成り立ちから歴史や美術、建築などかなりキチンとした内容を載せています。日本では考えられない内容です。
英語版は2005年の夏にイタリアに行った際に買って来たのですが、その後イタリア語を習うようになって、英語版だけじゃなくイタリア語版も買ってくれば良かったと後悔していたのです。
表紙の絵が違っていますが、パラパラと見た限りでは同じようです。
(イタリア語版は、アックア・アルタに襲われたサンマルコ広場ですね。イラストの子供は笑っていますが、今年のアックア・アルタは凄いことになって、ホントに今後のヴェネツィアが心配でなりません)

どちらもこれから楽しみながら読んでいこうと思っています。

by mydreams_andy | 2012-11-24 16:23 | 読書・本 | Comments(0)  

世代を超えて受け継がれた翻訳力

読書が大好きな私。通勤中は混雑の中、やや空いているときは大体、本を読んで過ごしています。そして嬉しいことに、会社の最寄駅には、改札を出るとビルの地下に本屋さんがあり・・・平均すると1週間のうち2~3日はそこに寄っているんじゃぁないかと・・・色々と立ち読みしたり、探し物したり、買う本を選ぶために走り読みしたりして、朝の約10分ほどを費やしています。

今週になって、いつものように新刊文庫本のコーナーを見ていたら、パッと目に飛び込んできた本がありました。
それがこの2冊です。
f0033598_193732.jpg


赤毛のアンのシリーズですって?それも11番目の?
アンのシリーズは新潮文庫の10冊で終わりじゃぁなかったの?って思いつつ、すぐに手にとってみました。
後ろの解説の部分を見ると、間違いなくルーシー・モンゴメリの作で、パラパラと走り読みをした後、即購入。

そして、今、ワクワクしながら読み始めています。
久しぶりに本棚からアンのシリーズを出してみました。
f0033598_110513.jpg


私の持っている「赤毛のアン」のシリーズは全部翻訳者が村岡花子さんです。今は色んな人が「赤毛のアン」を翻訳していますが、私にとっては、一番最初に馴染んで読みこなした翻訳です。

今回のこの2冊の翻訳者の村岡美枝さんは、アンのシリーズを最初に訳した村岡花子さんのお孫さんだと走り読みをしたときに判ったのですが、果たしてお祖母さんの翻訳とどう違っちゃうのかしら?と思いつつ読み始めました。

まだ上巻の半分くらいまでしか読んでいませんが、日本語に翻訳された文章の雰囲気は、お祖母さんの村岡花子さんの世界をそのまま踏襲されたものであって、長年のファンとしては、馴染みやすく前のままのイメージを(いい意味で)持ったまま読むことが出来ました。
もし、雰囲気が違ったら、訳す人が違うのだから違っても当然なのですが、一抹のがっかり感を持ってしまったかもしれません。

でも、私には同じように感じ取れました(少なくとも今の時点では。後日何度も読み直したら印象が変わるかもしれませんが・・・)



私は日本人ですから、普段読むものは当然日本語の本です。そして外国文学も日本語に翻訳されたものばかりです。だから、翻訳者の日本語力(翻訳力とでも言うべきかな?)で、その本の面白さと深みを味わいはかなり左右されると思います。

mammyと言う単語一つにしても、意味は一つですが、日本語の表現としては「お母さん」「おかあさん」(同じ読みでもニュアンスが微妙に違うと私は思っています、それと話し手の年齢とか精神状態とかでも異なるかと・・・)、「かあさん」、「かあちゃん」、「ママ」と、様々な言い回しがあります。その言い回しによって、話がまるっきり違う印象を与えると思うのです。

例えば・・・ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の小さな家」シリーズでは、ローラ達は両親のことを「父さん」「母さん」と訳されることが多い(現にTVドラマでもそうだった)のですが、訳者によっては「父ちゃん」「母ちゃん」ってなっていて、それはそれは自分の中で勝手に作り上げたイメージとは言え、ガラガラと崩されてしまうのはとても哀しいことでもありました。

翻訳された物語と言うものは、訳す人の「翻訳力」、つまり正しい意味を、不自然さを感じさせなく、会話ならば登場人物の生い立ちや性別、年齢までを鑑みて如何に自然な日本語の文章にするかによって左右されると思います。単に、外国語の知識だけではなく、日本語の文章力も必要なものだと思います。


アンが引き取られた家のマシュウ(マシューではない)の口癖の「そうさな・・・」は素朴で口下手なマシュウの特徴をよく表していて、「そうだね」や「そうだな」では、マシュウではないように私は感じます。

だから、優れた日本語の文章力を持つ訳者さんの本は、読み手には強烈な印象を植え付けるものだと思います。
そのいい例が、井上一馬さん訳のアンジェリクのシリーズ。恐ろしいほどの文章力で、歴史恋愛モノのアンジェリクとハードボイルド系の87分署シリーズとは、内容が違うから当たり前ですが、分野が正反対のものでも訳されていました。だから、アンジェリクの英語版を読んでいても、私の頭の中には井上訳の文章が頭の中に浮かんでくるほどの影響があるのでした。


世代を超えて受け継がれた今回の「翻訳力」、おそらくお祖母さんの村岡花子さんの訳したアンの世界に近づけようとの過大な努力があったかもしれませんが、読者ファンにとっては大変嬉しい限りのものでした。

by mydreams_andy | 2012-11-03 09:00 | 読書・本 | Comments(0)  

空と海の青の違い

出社前にふらりと入った書店で、お気に入りの本の続きが出ていたので、即お買い上げ~!
「すごい空の見つけかた 2」という本です。
f0033598_2165931.jpg


空の写真がメインで、それについての説明が詳しく載っているので、見ていて飽きなくて、自分でもそういう写真を撮ってみたくなる本なのです。

中を読んでいて、こんなページを見つけました。
f0033598_219172.jpg



去年、沖縄の八重山諸島の小浜島に行った際に、空の蒼と海の青の違いを見てきて、ブログにこの記事をアップしたのですが、どうして違うかは判らずにいました。

しかし、この本の説明を読んで納得できました。

空が青いのは、空気が青っぽい光を拡散させるため、空のあちこちから青っぽい色が多くやってくるから、とのことです。
そして、海が青っぽいのは、水が赤っぽい光ほど多く吸収するため、海は残された青っぽい光によって色づく、とのことです。

なるほど~~!!またひとつ、お利口になりました(多分・・・)

by mydreams_andy | 2012-03-17 21:17 | 読書・本 | Comments(2)  

外では読めない本

f0033598_002177.jpg

最近、仕事でピリピリしてることが多いので、ちょっと心を弛めなきゃ〜って思い、くだらないけど笑える本を買いました。

「金の言いまつがい」、「銀の言いまつがい」って本ですが、題名から判るように、言い間違えを集めた本です。

早速帰って来てから読み始めたのですが…笑いすぎて(^^;通勤電車では読めません!

ツボにハマるのもかなりあるんですよ。

外食してビールを頼んだお父さん、黒ラベルか一番搾りかを聞かれたのに「サッポロ一番!」いつの間にかラーメンになってるし〜(爆)

彼氏と結婚式話で盛り上がった時に彼のセリフ「女はドレスだけど、男はなぁー。レオタードだしなー」って。そんな新郎が登場したら怖いって(笑)

二つの言葉を合体させちゃったり〜(これは私もたまにやる)


読みながら独りでケラケラ笑いました。
疲れてる人には、頭使わなくていいのでオススメです(o≧∇≦)o

by mydreams_andy | 2011-04-28 00:00 | 読書・本 | Comments(2)  

久々に大泣き

犬関係の本をチェックしていて偶然見つけたのですが、
ある日 犬の国から手紙が来て」という本を買いました。

手元に届いたので早速読んだのですが・・・もう大泣きしました007.gif
イラストもほんわかと優しくて・・・亡くなったワンコ達だけじゃなく、お留守番の間に犬の国へ行った話もあって・心の絆を感じさせる大人向けの絵本です。
f0033598_2465280.jpg

by mydreams_andy | 2010-10-18 02:55 | 読書・本 | Comments(0)