その9 東大寺 大仏殿

今回、東大寺は出来るだけ隅々までじっくり見て回る予定でした。修学旅行で訪れたのは大仏殿だけ。あとは記憶もありませんしねぇ。
ご朱印も、隅々まで回ると沢山頂けるそうだし、楽しみでした。

朝は8時開門とのことですので、団体客が来る前に大仏殿は行かねばと思い、朝食後7時40分過ぎにホテルを出て、興福寺の境内を抜けて、奈良県庁前のバス停へ。

時刻表を見ていたら、ちょうどバスがやって来ました。ICカードが使えるのはホントにいいですねぇ。
バス停では2つ分ですが、1つめから2つめまでの間が長いこと、長いこと。おまけに登り坂。こりゃ~歩いてこなくて正解だし、レンタルサイクルもアシスト車でないと無理だわ~って感じです。

バスを降りて、いざ南大門へ。人っ子一人見えません。
f0033598_2012486.jpg


鹿もチラホラ居ましたが・・・寒いので陽だまりに集まっていました。見ると吐く息が白く・・・
空気はピンと張りつめた感じで、寒いけど気持ちよく感じました。
f0033598_20122364.jpg


南大門です。
f0033598_20123436.jpg






阿形の仁王像
f0033598_20125694.jpg


吽形の仁王像
f0033598_20124417.jpg


南大門から大仏殿を臨む・・・参道の石は中央がインド、その脇が中国、その隣が韓国、日本となり仏教伝来のルートを示していると修学旅行の時の記憶が甦ってまいりました(^^)v
f0033598_2013886.jpg


朝日に輝く鴟尾(しび)
f0033598_20131843.jpg


大仏殿前の八角灯籠の笙を奏でる飛天
f0033598_20133060.jpg


唐獅子
f0033598_20134569.jpg


朝日といえどもかなり強い日差しでしたので、あとは逆光になってしまってうまく写せず・・・(^^;

拝観料を支払い、大仏殿へ。

大仏様(盧舎那仏)です。
f0033598_20135731.jpg


f0033598_2014885.jpg


脇仏の虚空蔵菩薩
f0033598_20141790.jpg


広目天 その手前の階段が物凄い急階段ですねぇ。
f0033598_201428100.jpg


広目天
f0033598_201545.jpg


筆を持つ手
f0033598_20151433.jpg


多聞天
f0033598_20152657.jpg


大仏殿の柱に開けられた穴をパンちゃんが代わりに通ってくれました(笑)私じゃ、つっかえてしまいますのでねぇ(^^;
f0033598_20153742.jpg


如意輪観音菩薩
f0033598_20154799.jpg


大仏殿で頂いたご朱印
「華厳」と読むそうです。
f0033598_20155792.jpg


ホントに開門直後のため、大仏殿内もあれこれ準備中でした。観光客も4~5人程度なので、じっくり拝見できました。ご朱印書く方たちも、墨を擦っていましたし・・・。

ご朱印を頂く際に、白紙の書ける部分を探していた男性が「興福寺さんでもいっぱい頂いたね~」って話しかけてきたので、「今回はこちらを隅々まで回る予定なんです。それで朝一番から団体客が来ないうちからじっくり回りたいと思いまして・・・」と話したところ、東大寺の地図を出して効率よく回るルートを書いて教えて下さいました。

あぁ・・・今回はなんていろんな人に色々と教えて頂けた旅だったんだろうと感謝せずにはいられませんでしたね。有難いことです。

この後・・・東回廊を通って、手向山八幡宮へ向かいました。

by mydreams_andy | 2017-02-26 21:02 | 2017奈良 | Comments(2)  

Commented by tomo@イタろじ at 2017-02-28 22:45 x
親切な人、中にはぶっきらぼうな人、旅には色んな出会いがあるねえ(⌒-⌒; )

朝早くに静寂の中で見られたのは良かったね☆☆☆
Commented by mydreams_andy at 2017-03-01 22:49
>tomo@イタろじちゃん
そうだねぇ。でも、今回はあのオバサンだけが例外であとはみんないい人ばかりだったよ~

やっぱり有名どころは混むから朝一がいいね!

<< その10 百人一首の世界に浸る手向山 修二会の和菓子 >>