『ドリカム』Andyの気ままな日記



食べること、味を楽しむこと、味を覚えること

以前から、書こうと思っていたのだけれど、なかなか自分の中で思うことが纏まらず(要はどう書き始めてどう繋げるかを考えていた)、温めていた事があります。

まぁ~大したことじゃないんですけど、私の中の拘りと言うか、なんて言うか~。かといって黙っているのもなんだし、まぁ、判る人には判って貰えるかな~?ってことで書くことにしました。以下、とても長いです。どうかご容赦くださいませ。



私は、自他共に認める『食いしん坊』です。美味しいものには目がありません。まぁ、美味しいものに対しては、大体の人がそうではあると思いますが・・・。美味しいものならば、超高額なものはさておき、そこそこのもので、自分が興味を持ったものならば、行ける範囲ならば食べに行ったり、遠くならば取り寄せたりして、『食べることを楽しんで』います。

私は、有り難いことに母がマメでして、食に関しては出来合いのものを買って来て食べるのではなく、素朴だけれど手作りのものを食べて育ちました。インスタントのものは殆ど食卓には出ませんでした。かといって、例えば出汁も一番出汁、二番出汁って風に昆布や煮干しからと言う本格的なものではありませんでしたけどね(笑)
おやつもスナック菓子を買って食べると言うのは、大人になってからのことでして、子供の頃は買い食いをしないで済む環境でした。

そのお陰で?味覚はしっかりと育ったかと思います。出来合いのものやインスタントや冷凍食品だけでは、培うことが出来なかったかも?と思う昨今です。
あ、出来合いのもの、インスタントや冷凍食品はここ最近は物凄い進歩をしていますので、否定をする気はさらさらありません。今は、唸るほど美味しいものがどんどん出ていますのでね。


さて、食べると言うことですが、当然ながら生きていくためには必要なことです。が・・・この「食べる」と言う行為は、実に色んな種類があって、その幾つかについて、私は私なりの拘りがあって(と言うか出来上がった)、そこんところを今回、書いてみようと思ったのです。

空腹を満たす為に食べる時は、あんまり考えないでパクパク食べることが殆どです。
『漠然と食べる』とでも表現出来るかな?と・・・。
この『漠然と食べる』ことが私も殆どですが、それでも回数を積み重ねるうちに人間は『味を覚える』ものです。ま、中には覚えられない無頓着な人も居ますけどね(笑)

そして、この『味を覚える』と言うことですが、これは素材そのものの味を覚えるのは勿論のことですが、私の場合、和洋を問わず銘菓に、いや、銘菓だけじゃなくごく普通のお菓子にも対しても、食べながらその味を覚えていくと言うことが同時進行していくものでした。いえね、私が特別なわけではありませんので、「自分もそうだよ~同じだよ~」って人は最後まで読んで頂いてからコメントにでも書いて頂ければ嬉しいですけどね。

長年に亘って、とあるお店のとあるお菓子を食べていたとします。ところが、たまたま違うお店の同じお菓子がそれと入れ替わった時に「ん?いつものと味が違う」と感じれば、それはもう「味を覚えている」ことになります。これは、お料理やお茶、コーヒー、お酒など味覚が携わる全てのものにも当てはまる事です。







f0033598_2040211.gif高校卒業後、短大に入ってすぐに裏千家茶道を習い始めた私ですが、良い師匠に出会え、ご指導、お道具は勿論のこと、お菓子やお茶なども、今思えば贅沢をさせて頂いたと思います。この茶道を習ったことが、元々私の中にあったものを益々(良い意味で)増長させていったと思います。

と言うのは・・・お茶会に行くと、どんなお道具を使ったか、それは誰の作品で陶器だったら何焼きか?など口頭でのやり取り、または、それらを一覧にしたものが回ってきます。でも、それだけじゃないんです。その日に饗されたお菓子がイメージしている銘(例えばや七夕に因んだお菓子ならば「流星」とか)と、そのお菓子の製造元のお店の名前、お抹茶の名前(お抹茶もそれぞれ味が異なる)とその製造元のお茶屋さんの名前まで、主賓のお客とお点前をする人間との間でやり取りされるのです。
和菓子だと見た目も重要ですが、餡子などの舌触りや甘さなどお店によって個性がありますので、差があります。抹茶に関してもそうです。下世話な話になりますが、値段に因っても味が違うのです。

その違いを感じるか、感じないかは個人の感覚でもありますが、普段からの積み重ねがモノを言うことが多く、「ん?このお抹茶の味は、いつもお稽古で飲んでる味と一緒では?」とか「このお菓子の凝りようと言い、甘さと言いあのお店のでは?」といつの間にか自然と判るようになってきました。それでも、お菓子の製造元は難しいですけどね。

だから、自然と普段からお菓子を食べる時は、「ふ~ん、これはどこどこのお店のものかぁ」と頭の隅っこに置いて味わいながら食べるようになっていました。
f0033598_20383171.gif洋菓子だとなかなか難しいのですが、和菓子の場合、例えばそれが大福だったら、お餅の柔らかさや、周りの粉の多少、更には漉し餡か粒餡か、甘さは強めか控えめか、更に白砂糖か和三盆糖か黒砂糖かなど、それぞれのお店の個性と言うものがあるのです。お客と言うものは、「あ、私、この味好き」って言う風に自分の味覚と言うか好みにあった場合、そのお店の個性ある味に惹かれて買い求め、常連となったり贔屓とする訳です。
ま、中には味はさておき、ネームバリューだけで買い求める人も多いのは事実ですけどね。でも、それも否定はしません。余程慣れ親しんでるってことがなければ、まずは「有名だから買ってみよう、食べてみよう」から始まるものですからね。

で、「味を覚える」ことですが、回数多く食べていれば自然とその味の特徴を覚えてしまうものですが、そうでない場合はやはり「意識して覚える」ものだと思います。有名なお店のものの場合、話題になったり、贈答などでやり取りされることが多々あります。自分が食べたことがあってよく味が判るものならば、自信を持って贈答に使うことも多いです。

が・・・頂いたものだったら・・・これは「味を覚える」最高のチャンスだと思います。冒頭で述べた『漠然と食べる』だけでは、勿体ないような気がします。まして、贈り主(単に値段だけで選ぶ場合も多いですが)の意図、「このお店のこの味だから選んだ」ってのがあると思うのです。
だから『漠然と食べる』だけではその意図を汲めずに済ませてしまうので、勿体ないなぁと私は思うのです。

食べ物を選ぶ場合、どうしても自分が慣れ親しんだ味をついつい多く買い求めてしまいます。しかし、遠かったり高価だったり、なかなか手に入らない希少価値のものは、贈答品で手に入る場合があります。特に会社勤めをしている人間の場合は、得意先などから上司や部署宛にそれらが贈られてくることが多々あります。

そういうチャンスに恵まれているのにも関わらず『漠然と食べる』人がどれだけ多いことか、なんて勿体ないことをしているのかと感じる事ばかりです。私はいつも食べながら「あ~これはあのお店のかぁ、なるほど~」と味わいながら、「味を楽しんで」ついでに「味を覚える」ことをしています。「味を覚えて」いるものの場合には、単純にそのものの「味を楽しんで」います。


先ほどの例えに出した大福じゃないですが、単に「あ、大福だ」ってだけで食べるのと、「○○屋の大福だ。へぇ、こういう味なんだ」って味わいながら食べるのでは、大きな違いがあると思うのです。「こういう味だから人気があるんだ」、「有名になるのも納得」、ものによっては「高価なのも納得」となるものなのです。

そして納得すると自分の中だけのものですが、「自分なりの価値観の順」が決まって行くような気がします。

食いしん坊の私の場合、頂き物だけではなく、食べ歩きしたり買い求めたりして「味を覚える」ことがかなり多いです。元々多いうえに年齢を重ねたので・・・(^^;
私はひとたび味を覚えてしまうと、その次からは「味を楽しむ」ことが深く出来るような気がしています。よ~く味わって内心ため息吐息ってことも・・・。「味を覚えて」いるが故に「味を楽しむ」ことが出来るのではないかと・・・。そして、それが故に「あの味を食べたい」となるのでは・・・。


人間ある程度の年齢になると、世間知ってものがあるとは思うのですが、「何も知りません、へぇ有名なんですか」ってなると、どんなに美味しいものでも「猫に小判」ってなるのではないでしょうか?値段の高低ではなく、そのものの真の価値を理解できているか否かってことだと思います。

「知る人ぞ知る」って言葉がありますが、「知る人」が少なすぎるかと・・・。意識をしていないからそうなる人が多いのですが、まぁそういうのが普通なのかも?と思ったりもしています。


ここまでなんだか纏まりがないようなことを述べてきましたが、私の「味を覚え」ていることの故での悪い癖が、ひとつあります。私の知っている範囲内のものならばですが、どのお店のどんなものか「味が判っている」ために、値踏みをしてしまうということです(笑)
あの程度の(=あんな値段か~)ものかぁ~、あれは高級品かぁってね(^^;
ま、それは、余程でない限り口には出しませんので、周りは知らぬことですが、「私自身だけが知っている」悪い癖です。


さて、なんとなく自分の言いたいことをずらずらと書いてみましたが、果たしてこれで良かったのか?もっと違う風に言いたいこともあったのではないか?などと後日思うこともあるかもしれませんが、ここで一旦おしまいにしてみようかと思います。

長々とありがとうございました。
by mydreams_andy | 2017-01-26 18:06 | Food & Drink | Comments(0)
<< 「糊こぼし」と「開山良弁椿」 ... 寒中 >>


本家HP『Dreams Come True~私の旅行記~』の管理人Andyの近況をパンダのパペット達がレポします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 20:32
お花見弁当作ったのは良い..
by tomo@イタろじ at 18:47
>Slackeyさん ホ..
by mydreams_andy at 17:51
すご~い!キレイ!! ..
by Slackey at 00:05
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 17:24
一足先にオレンジピールを..
by tomo@イタろじ at 18:43
>Slackeyさん ..
by mydreams_andy at 22:55
うわ~☆おいしそう。オレ..
by Slackey at 21:45
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 22:49
親切な人、中にはぶっきら..
by tomo@イタろじ at 22:45
>Slackeyさん ね..
by mydreams_andy at 21:27
雪まつりレポありがとう☆..
by Slackey at 15:55
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:44
奈良の興福寺はandyち..
by tomo@イタろじ at 22:56
>tomo@イタろじちゃ..
by mydreams_andy at 21:11
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング